• 株式会社ポリゴン

    田中ウルヴェ 京

    Official Website

  • 田中ウルヴェ 京

    プロフィール・活動紹介

    プロフィール

    1967年東京生まれ。聖心女子学院初中高等科を経て、日本大学在学中の1988年にソウル五輪
    シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。10年間の日米仏の代表チームコーチ業とともに、6年半の米国大学院留学で修士取得。

    スポーツの実践経験と学術的背景を生かし、現在はメンタルトレーニング研修・企業コンサルティングをおもにおこなう。慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科博士課程に在学、「トップパフォーマーのコーピングの体系化」の研究もおこなっている。

    国際オリンピック委員会(IOC)、国際水泳連盟(FINA)の委員も務め、国際組織において様々な提言もおこなう。TVコメンテーターとしても数々の番組に出演。著書訳書多数。夫はフランス人、2児の母。

    主な経歴

     

    1981年

    ジュニア日本代表、カナダ国際年齢別大会デュエット銀メダル

    1982年

    15歳で史上最年少の日本代表Aチーム入り

    1986年

    日本選手権ソロチャンピオン

    1987年

    日本選手権デュエット・チームチャンピオン、FINAワールド杯デュエット・チーム銅メダル

    1988年

    日本選手権デュエット・チームチャンピオン、ソウル五輪デュエット銅メダル、現役引退

    1995年

    米国カリフォルニア州セントメリーズ大学大学院健康・体育・リクリエーション学部修士課程修了

    1999年

    米国アーゴジー心理専門大学院にて、認知行動理論を学ぶ

    2000年

    米国サンディエゴ大学院にて、パフォーマンスエンハンスメント、アスレティックリタイヤメントを学ぶ

     

    代表コーチ歴

     

    1989年-1999年

    日本ナショナルチームコーチ、米国オリンピックチームヘッドコーチアシスタント、フランスナショナルチーム招待コーチを歴任
    1996年

    アトランタ五輪シンクロ日本代表マネジャー兼アシスタントコーチ
    1999年より

    メンタルトレーナーとして活動

    2016年

    車椅子バスケットボール男子日本代表チームメンタルコーチ

    現在の活動

    日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士

    国際オリンピック委員会(IOC)マーケティング委員

    IOC認定アスリートキャリアトレーナー

    車椅子バスケットボール男子日本代表メンタルコーチ

    びわこ成蹊スポーツ大学客員教授

    慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科博士課程在学

    日本大学医学部社会医学講座公衆衛生学部門講師

    経済産業省産業構造審議会 2020未来開拓部会委員

    スポーツ庁スポーツ未来開拓会議委員

    日本オリンピック委員会(JOC)情報医科学専門委員会科学サポート部会メンバー

    日本スポーツ精神医学会評議委員

    日本スポーツメンタルトレーニング指導士会理事

    国際水泳連盟アスリート委員 / 日本水泳連盟アスリート委員

    公益社団法人笹川スポーツ財団理事

    株式会社ポリゴン代表取締役

    メディア出演

    TBS「Nスタ」月曜日レギュラーコメンテーター

    CBC(TBS)「ゴゴスマ」木曜日レギュラーコメンテーター

    CX「Mr. サンデー」コメンテーター

    NHK World 「Sports Japan」、東京MX「モーニングCROSS」コメンテーター

    ニッポン放送「テレフォン人生相談」回答者

  • 企業研修・講演

    メンタルトレーニングプログラムの提供

    企業研修

    社員のパフォーマンス、生産性向上のためのメンタルトレーニング(コーピング)プログラムです。

     

    「ストレスをエネルギーの源泉として活用」

    ストレスをなくすのではなく、抱えているストレス(課題)を整理し、解決行動へ導きます。

     

    「あらゆる階層への実施が可能」

    自身のメンタル調整(=課題解決)だけではなく、部下のマネジメントに活かせるガイドライン提供まで、

    新入社員から管理職、さらにはハイパフォーマー対象など様々なニーズにお応えできるプログラムです。

     

    「守りのメンタルではなく、攻めのメンタル」

    メンタルヘルス対策としてではなく、今活躍中の社員にもっと楽しく仕事に向き合ってもらう、

    さらに成長してもらうためのしなやかなメンタルの醸成を目指します。

     

    当社プログラムはすべて田中ウルヴェ京が開発しています。

    プログラム背景

    先行研究と実践経験

    監修者田中ウルヴェ京自身のこれまでのトップアスリート、代表コーチ、スポーツメンタルトレーニング指導士としての経験に裏打ちされたモデルであるだけではなく、Hardyら(1996)による先行研究で導き出された「ピークパフォーマンスに向けた心的準備モデル」が根拠になっています。

    講演テーマ例

    「トップアスリートの平常心」
    なぜ人は「ここ一番」で緊張するのか。自分自身の思い込み(バイアス)が、平常心とパフォーマンスの発揮を妨げているのです。どういう感情コントロールスキルを持っていると良い成果につながるのか。一流アスリートのメンタルトレーニングを事例に、自分コントロールについてお話します。
     
    「メンタルトレーナーが教える ストレスをやる気に変える方法」
    なぜ一流アスリートは、メンタルが強いのか。いったい一流アスリートは、どんなメンタルトレーニングによってメンタルをしなやかに鍛えていくのか。実際のメンタルトレーニング事例をもとに、すぐに企業で実践できる「ストレスをやる気に変える方法」をお話します。
     

    「経営者(上司/リーダー)のための、ストレスを力に変える柔軟な思考法」

    部下や社員の可能性を引き出し、組織としての結果を出さなければならない日々。上司としての不安やストレスを克服する方法だけでなく、チームを活性化させるためのコミュニケーション法や視点の切り替え方など、ビジネスリーダーに求められるスキルをメンタル面から解説します。経営者、上司と部下の板挟みに悩む人、さらには初めて部下を持つ人にもおすすめです。
     
    「アスリートのキャリアトランジションに学ぶキャリアプランニング」
    アスリートは、必ずいつか競技引退という節目をむかえます。引退時には、世界チャンピオンになるといった夢を達成する者もいれば、戦力外通告や代表選考漏れといった状態で選手生活を終える者もいます。「人生の節目=キャリアトランジション」で、人は、何を感じ、何を考えると、次の人生を「自分らしい選択で」歩んでいけるのか。競技引退時のメンタルトレーニング事例を通して、企業や一般で応用できる「ライフスキル」をお話します。
     
    ワークライフバランス
    「『時間がない!』ストレスを解消しよう」
    ワークライフバランスを考える時、最も重要なのは、自分にとっての最適なバランスを自分で理解し、自分でコントロールしていくこと。単に仕事とプライベートの時間配分だけではなく、様々な人生のバランスのとり方のヒントをお話します。
     
    グローバル
    「自己発揮力こそ、グローバル人材に本当に必要なもの」
    グローバル人材と聞いて、皆さんは何を想像されますか?英語、発言力、留学(赴任)経験、外国人採用、リーダーシップ、論理的思考…などを思い浮かべるでしょう。どれも必要なことですが、これらすべての根底にある、本当に必要なものは、「真の自信を持って自己の力をどんな状況や相手でも発揮できる力」です。最後に差が出るのは、大切なチャンスで思い通りに自己発揮できる力なのです。

  • 法人サービス

    企業方針にあった多様なアプローチ

    企業コンサルティング

    メンタル面におけるコンサルティング

    問題、課題分析から、各クライアント企業の経営理念に沿ったオリジナルのコーピング指導、対策が可能です。

    はたらく人のストレス対策

    安全労働衛生法改正により、平成27年12月からストレスチェック制度が施行されています。法令遵守のためのストレスチェックのみでなく、「コーピング」による個々の実力発揮を実現する、セルフケアプログラムをご用意いたしました。

    ※(株)インテリジェンスビジネスソシューションズ共同開発提供

  • スポーツマーケティング

    スポーツから得られる価値

    「マーケティング」

    国際オリンピック委員会(IOC)マーケティング委員は、オリンピック精神を広く次世代に伝える役目があります。田中がスポーツから学んだことは、現在の心理学を専門としたキャリアにもつながっています。スポーツには課題もありますが、スポーツを通して学んだ「スポーツから得た価値」の情報を皆様から集めています。

     

    「アスリートキャリア」

    国際オリンピック(IOC)認定アスリートキャリアトレーナーであり、日本スポーツ心理学会認定スポーツメンタルトレーニング上級指導士である田中ウルヴェ京は、

    五輪・パラリンピック選手のためのメンタルトレーニングやキャリア教育プログラムの研究と開発、次世代アスリート育成強化の調査研究、日本オリンピック委員会(JOC)での定期指導等をおこなっています。

    supported by 日本財団パラリンピックサポートセンター

    フジテレビ主催障がい者アスリートトークイベント(毎月開催)にて、司会進行をつとめています。

  • 書籍

    田中ウルヴェ京によるコーピングに関する著作の紹介

  • 会社概要

    株式会社ポリゴン

    設立

    2003年4月(創業2001年)

     

    顧問

    村田顕吉朗税理士事務所

     

    従業員数

    4名

     

    関連提携会社

    (株)小曽根マネージメントプロ

    ラーニングマスターズ(株)

    (株)インテリジェンスビジネスソリューションズ

     

    電話番号 / Mail

    03-3447-2890 / info(at)polygone.jp

    役員

    代表取締役 田中ウルヴェ 京

     

    主な事業

    各種メンタルトレーニング

    実力発揮の認知行動療法コーピング

    アスリートのキャリアトランジションコンサルティング

    オリンピック選手のセカンドキャリア

    デュアルキャリアプログラム開発

    人財開発、組織心理コンサルティング

    企業研修・講演

    メディア活動

    スポーツ心理学領域研究・プログラム開発

     

  • お問い合わせ

    メディア出演依頼もこちらからどうぞ

    主に株式会社ポリゴンよりご回答いたしますが、
    「メディア出演・取材」のお問い合わせにつきましては、下記マネジメント会社より折り返しご連絡差し上げます。お急ぎの場合は、お電話にてご連絡くださいませ。

    (株)小曽根マネージメントプロ
    090-3237-0988 / 03-6454-1661
  • Facebook

    最新情報

  • English

    about us

    Core Services and President's Profile

    • Core Services: Mental Training Services
      We offer a full range sport psychology-based consulting services for various mental training programs such as:
      -Stress Management, Stress Coping Skills
      -Career Transition and Education for Top Athletes
      -Leadership
      In addition, we provide individual consulting services
      for top athletes, corporate training & lecture programs,
      public speaking services, and more…
       
    • President’s Profile
      Miyako Tanaka-Oulevey
       
      Miyako Tanaka-Oulevey is a Japanese certified mental training consultant in sport (CMTCS), 
      public speaker, university professor, TV commentator, author, 
      and a 1988 Seoul Olympic bronze medalist in synchronized swimming, duet. 
      While assisting the US synchronized swimming Olympic head coach for 4 years in California, 
      she earned a master in sports administration specializing in sport psychology.  
      Her academic fields are performance enhancement, career transition, 
      stress coping, and leadership.
      She is the author of more than 50 books (including Joint works), 
      and routinely gives lectures, seminars or workshops at universities and companies. 
      Olympic and professional Japanese athletes regularly consult 
      with her in matters ranging from performance enhancement to career transitions. 
      She mainly works with the JOC, Japan Sport Council (JSC), Japan LPGA, the Japan Baseball Association, 
      and the Japan Football Association.
      She is since 1998 a member of the FINA Athletes committee (International Swimming Federation), 
      since 2012 director of Sasakawa Sports Foundation, since 2014 a member of Certification Committee of the Japanese Society of Sport Psychology and since 2017 a member of IOC Marketing committee.
      Miyako lives with her husband and 2 children in Tokyo, Japan.

      Professional Memberships and Associations
      Visiting Professor, Biwako Seikei Sport College, Japan
      Member, Information, Medicine and Science Commission, Science Support Sub-commission, Japan Olympic Committee
      Member, Marketing commission, International Olympic Committee(IOC)
      Member, Athletes committee, International Swimming Federation (FINA)
      IOC Athletes Career Program trainer
      Member, Discussion Committee, Japanese Association of Sports Psychiatry
      Member, Certification Committee, Japanese Society of Sport Psychology
      Director, Sasakawa Sports Foundation
      President, Polygone, Inc.

      Education
      M.A. in Sport Management, Saint Mary's College of California, USA (1995)
      B.A. in Physical Education with Honors, Nihon University, Japan (1988)
      Ph.D student in System Design and Management, Keio University, Japan (2015~)
       
      Work Experience
      ▼ Lecturer
      2014ーPresent:Researcher, SDM Research Institute, Graduate School of System Design and Management, Keio University
      1996ーPresent:Lecturer, Department of Hygiene, School of Medicine, Nihon University, Tokyo, Japan
      2006ー2008: Lecturer, Meiji University, Tokyo, Japan
      2006:Lecturer, Tsukuba University, Ibaragi, Japan
      1996ー1998:Lecturer, Department of Physical Education, College of Humanities & Sciences, Nihon University, Tokyo, Japan
      1997:Lecturer, Department of Psychology, College of Humanities & Sciences, Nihon University, Tokyo, Japan

      ▼ TV Commentator
      2016ーPresent, TV Commentator (TBS "Gogo-Sma ", Thursday regular commentator)
      2012ーPresent, TV Commentator (TBS "N sta", Monday regular commentator)
      1992ーPresent, TV Commentator, NHK, TV Asahi, Fuji TV, Nippon TV Network etc.

      ▼ Coach
      2016ーPresent, Paralympic men's wheelchair basketball Japan team mental coach
      1996, Atlanta Olympics, Japan Olympic Synchronized Swimming Team support staff
      1991ー1995, Assistant to the U.S. Olympic Team Head Coach
      1989ー1991 & 1994ー1999, Japan National Team Synchronized Swimming Coach

      ▼ Other
      1989ー1993, Olympic Promotion Staff, Mizuno Corporation, Japan

      Major Accomplishments
      1989, Tomin Eiyosho (Tokyo Honor Award)
      1988, Seoul Olympics Synchronized swimming Duet Bronze medalist
      1987, 1988 Synchronized swimming Japan national DUET and TEAM champion
      1986, Synchronized swimming Japan national SOLO champion